今回はネットでよく見かける3.11人工地震説からみる陰謀論の暴き方を考える。




この説でよく言われているのは、地下に穴を掘って核爆弾を爆発させるというものが多い。以前はHAARP兵器によるものだという説もあったが、最近では核爆弾を利用したものという説が一般的だ。
 

3.11人工地震説の信ぴょう性

確かにそれらしいデータはある。
代表的なのはこのサイトで、人工地震だと思われるデータを数多く掲載している。

その一方で、それは違うと説明しているサイトも複数ある。
多くのサイトで人工地震だとする根拠に地震の波形画像を使用しているが、このサイトによればそれは根拠として乏しいものだと説明されている。

いちいち細かいデータまでここでは検証しないが、一見すると確かに人工地震だと信じてしまうようなデータは多いような印象は受けた。


証拠が証拠と呼べない?

陰謀論で大事なのはとにかく証拠だ。陰謀論系のサイトでは証拠として実に様々なものが挙げられている。

しかしそれは本当に証拠と呼べるものなのかは疑わしい

さて、ここで考えてみよう。普通の事件を捜査するときに証拠として何を使うだろうか。
それは、指紋やDNA、防犯カメラといった確固たる証拠だけだ。

犯人が青い服を着ていたという目撃証言だけで青い服を来ている人を逮捕するようなレベルの証拠では、証拠として不十分である。

陰謀論でよく使われる証拠は実際このレベルの話が多いのだ。

一見すると科学的に正しいデータでも実は調べるとどこかに間違いがあったり、そもそもただの勘違いや早とちりが証拠として一人歩きしているケースも多い。

今回の人工地震のケースでも確かに信憑性の高そうなデータはあるが、同時に否定される程度の話も多くあり、確実といえるほどの証拠はまだないと言える。




陰謀をする理由を考える

陰謀論を考える上で証拠と並んで大事なのは理由・動機である。
そもそもなぜ人工地震を引き起こす必要があったのか?

同じ陰謀論でも9.11陰謀論には世論を戦争へと先導するという明確な理由はあった。
しかし3.11には目に見えてくる大きなメリットがないのだ。

確かに建築関連の業績は上がっているし、火力発電・原油関連の企業も当時は儲かっただろう。しかし、人工地震という大量虐殺をしてまでも成し遂げるほどのものとはとても思えない。
他に考えられるのは、ユダヤ系財閥による仕業、TPP等で日本を脅すための手段など、それこそ陰謀論レベルの話ばかりになってしまう。とにかく明確な理由が見えてこないのだ。



陰謀論が真実だと仮定すると色々と見えてくる

実際にこれらが本当だと仮定してみよう。

すると、アメリカという国は大量殺人を平気で引き起こす国で、自国民の安全保障が脅かされない非戦争時でも平気で民間人を大量虐殺する国家となってしまう。さらに国のトップ層達も平気でその判断を下して承認していることになり、例え指示を出したのが大統領ではなく軍産複合体などであっても結局は同じことである。国家存亡のためといった大きな目的があるわけでもないのに、平気で何万人もの民間人を殺すことを何とも思わない人々がそうそういるとは、にわかには信じがたいし必ずどこかでバレるだろう。

要するに、人工地震が本当だと仮定するとさらに陰謀論めいた事まで信じなければならなくなってしまい、さらに信憑性が落ちてしまう結果になる。


陰謀論の暴き方まとめ

1.証拠としているものの信憑性を確かめる
2.理由・動機を考える
3.それが本当だと仮定した時の矛盾点を考える



以上によって、3.11人工地震説は陰謀論としてはだいぶ弱いと言える。
データはまだまだ分析の余地はあるのは確かだが、動機などを考えるとかなり弱くなってしまうのが現実だ。



それでもこの手の陰謀論に「絶対」は禁物である。
一部の超絶トンデモ論を除けば、どんな陰謀論でも完全に否定しきることは難しい

例えば、イルミナティの陰謀が無いと証明するには地球上のあらゆる箇所を調査して何も無い事を証明しなければならないし、 エリア51に宇宙人がいないことを証明するには施設に侵入して隅から隅まで調べあげるしかない。しかしそれは一般人には到底不可能なことだ。

同様に3.11が人工地震かどうかを調べたとしても、たとえ人工地震自体が可能な技術だったところで、アメリカが実際にそのシステムを開発・運用し、その時に実際に使用したという軍事機密の証拠を抑えない限り人工地震だとは断定できない。


陰謀論というのは結局、権力相手の調査には限界があるため、完全に肯定も否定もし切るのは極めて難しく、与えられた情報からどれが真実に近いのか個人で予想するだけの話でしかないともいえる。
とにかく、何かを絶対に信じるようになってプチ宗教化してしまってはダメなので、常に客観的に判断していくことを心がけるべきだろう。
 

293223-265-59

今回はネット上でよく見かける「電子レンジは危険」という噂について調査する。


「~は危険だから食べるな」という健康に関する噂はネット上にたくさんあり、電子レンジ危険説もその中の1つだ。よく見かけるのは、電子レンジを利用すると栄養素が破壊されて物質が変性し、発ガン性物質が生じたりと健康に悪いと言うもの。


さて、この手の情報はネット上で拡散される黄金パターンがある。


ある出どころのわからないような実験や記事をソースにして、
  個人ブログが「~だから危険」と書く

そのブログをソースとして他のブログが取り上げ、
  それがあたかも真実のように拡散される

それを見た一般人が知恵袋などで 、
  「~は危険らしいのですが本当ですか?」
  と書いて検索結果の上位に来る

大手ブログなどが取り上げ、それを見て気になった人が詳細を検索すると
 ②のようなブログや③のような結果しかなく、真実だと確信してしまう

そしてTwitterFacebook等で拡散する



つまり、①が引用をしたものが本当なのかどうかという議論が全くされないままに情報だけが一人歩きしていき、あたかも真実のように広まってしまう。これがネットの怖いところだ。

今回の電子レンジの話もまさにこれに合致する。



ソースは妄想?

電子レンジの危険性としてよく取り上げられるソースは以下のもの

①ソ連が電子レンジの危険性のために使用を禁止した
②ファイトケミカルが97%減少し、発ガン性物質やフリーラジカルが生成する
③スイスのハンス・ウーリッヒ・ヘルテル博士の実験
④ミルク、植物、その他実験


①に関して。まずこれは全くの妄想である。そもそもソ連が電子レンジを禁止したという公なソースが何1つない。本当にいくら探しても皆無である。この情報の最初の出どころは定かではないが、大体はアメリカのこのようなサイトだろう。英語で書かれていると本当にように見えるが、実際はこれも科学機関や大学のソースは何1つなく、何かを曲解していたりまたしてもよくわからない妄想記事を参照していたりと、お話になっていない。実はこれはアメリカでも同じように拡散されている情報で、あちらこちらで見かける。しかしどこにもソースは見当たらず、いくつかのサイトでも指摘されている通り全くのデマである。なのにも関わらず、あたかも真実として引用しているブログが日本に多すぎる。本当に怖い話だ。



②に関して。そもそもファイトケミカルって何だ?と思うでしょう。しかし、よくわからない 単語でも難しくて専門性が高そうなものだと、それが正しいと信じこんでしまうことはよくあることだ。これに関してはほぼ全てのブログが必ずどこかのブログを引用していて、ソースが全く書かれていない。しかし恐ろしいほどにどこのブログでも書かれている。実はこれ、どうやらよくわからない健康本(50代からの超健康革命がソースらしいのだ。ここのブログが紹介している。この手の本は売上を伸ばすために必ず何かしらフカシを入れてくるのが当たり前で、都合の良い実験データを持ってくる場合などザラにある。そもそもネットや公的機関上にソースの存在しない実験を引用している時点で根拠に乏しい。さらにこの本にはフリーラジカル(活性酸素)が生成されると書いているが、そもそも普通の加熱調理(焼く、揚げる)でいくらでもフリーラジカルは生成している。あたかも電子レンジだけが特別のような論調に持って行くのはこの手の本の典型的なやり方だ。


③に関して。この実験は数日間にわたって、電子レンジで照射をした食品とそうでないものを別グループに食べさせて結果を見るという、スイスのハンス・ウーリッヒ・ヘルテル博士が行ったもの。しかし、これに関する具体的な実験方法も検証する方法全く書かれていない。しかもたった数日間の実験であるし、具体的な結果のデータを示さず「数値が悪化した」という説明があるだけ。しかもこの情報を出したのは科学雑誌ではなく一般誌であった。

 
④に関して。電子レンジに照射したミルクは危険という話。これは公的な実験結果によって否定されている。これによると、少なくとも家庭用レンジでは異常な物質が生成されることはなく、影響はないと結論づけている。さらにもう1つ有名な植物実験がある。2つのうち片方だけにレンジ照射した水を7日間与え続けるというもの。しかし、これは捏造画像だと発覚した。他にも色々な実験があり、例えば血液をレンジでチンして温めて輸血したら死んでしまったというもの。しかし血液のようなタンパク質の入ったデリケートなものを高温で過熱するなんて電子レンジじゃなくても怖くて出来たものではないのは誰でも考えればわかる。アホらしすぎてどこの研究機関も再現実験などは行っていない。



まとめ

実はこのように電子レンジに関する実験でまともに信用できるものはほとんどない科学誌や公的機関を通さずに実験データすら開示しないままどこかに掲載されたものばかりである。むしろ科学誌等を通してきちんとデータを開示している実験では否定されている結果が圧倒的だ。


また、栄養素が壊されるとか物質が変性する事に関してはどうだろうか。確かに電子レンジ調理で栄養は減少するし、物質が変性するものもある。ただ、それは普通のキッチンでの加熱調理でも生じることだ。フライパンで加熱すれば栄養素は大幅に破壊されるし、発がん性物質フリーラジカルも生成する。これをあたかも電子レンジだけで生じる現象だと書き危険性を煽る記事があまりにも多い。また、家庭用電子レンジでは出来ないような高エネルギーの放射線照射の実験データを持ってくる場合もあり、もはや公平性の取れた実験結果を探すほうが大変なのだ。



むしろ電子レンジは調理時間が短いので普通に加熱調理するよりもずっと栄養素を壊さないという当たり前の事実がなぜここまで否定されないとならないのであろうか。

本当にネットとは恐ろしいものである。不確かな情報でも真実としてここまで情報が拡散されてしまうのだから。

↑このページのトップヘ